サービス比較

エアークローゼットVSエディストクローゼットの違いを比較した結果

投稿日:2019年3月26日 更新日:

ファッションレンタルサービスどこ登録しようかな?といろいろ調べていると多くの人がエアークローゼット、エディストクローゼットのどちらかで迷います。

様々なファッションレンタルサービスの中でも、このエアークローゼットとエディストクローゼットはトップクラスで人気があり登録者も多いんですね。

では、どっちがおすすめなのか?エアークローゼットとエディストクローゼットがどっちが自分に合ってるのか気になる人のために比較してまとめています。

エアークローゼットVSエディストクローゼットの比較表!

月額料金 ブランド数 レンタル枚数 選び方
エアークローゼット 6,800円~ 300社 3枚/1回 スタイリスト
エディストクローゼット 8,300円~ 自社ブランド 4枚/1回 自分

エアークローゼットとエディストクローゼットの大きな違い

洋服の選び方

エアークローゼットとエディストクローゼットの一番の違いは、レンタルする洋服を「スタイリストに選んでもらうのか」「自分で選ぶのか」でしょう。

ファッションレンタルサービスの多くが、プロのスタイリストが希望するコーデを選んでくれ届けてくれるもの。

エアークローゼットは、スタイリストが洋服を選んでくれるサービスを提供しています。

ココがおすすめ

エアクロ:スタイリストが選定

とは違って、エディストクローゼットは自分で着たい洋服を選ぶことができるファッションレンタルサービスです。

ココがおすすめ

エディクロ:自分で洋服を選ぶ

自分でレンタルする洋服を選べるだけに、イメージと相違ないアイテムが届くので不満をもつことはないでしょう。

しかし、ファッションレンタルサービスの醍醐味でもある「選んでくれるからこそのいつもと違ったファッションを楽しめる」ことができない点も考慮してどちらが自分に合ってるかを判断しましょう。

最低契約期間の違い

エディストクローゼットは長期的に利用することを前提としたプランが基本です。

継続期間が3ヶ月~になっており、1ヶ月のみのトライアルプランも用意されてますができることは限られています。

その点、エアークローゼットはどのプランであっても1ヶ月単位での契約となります。

そのためエディストクローゼットと比べエアークローゼットのほうが気軽にお試しできると考えられますね。

返送手数料の違い

エディストクローゼットでは返却の際の送料は無料ですが、エアークローゼットでは300円の返送手数料が必要になります。

エアークローゼットでは、1回のレンタルできる最大枚数が3枚なんです。

ココに注意

エアクロ
最大レンタル枚数:3着/月
洋服の交換回数:制限なし/月
返送手数料:300円

同じ月に何度も洋服を交換することはできるのですが、その毎に返送手数料が必要になるので、当然ですが月々の月額料金が増えてしまうデメリットがあります・・

エディストクローゼットは、返送手数料は無料なのですが同じ月に借りた洋服を交換できる限度数が1回と決まっています。

ココに注意

エディクロ
最大レンタル枚数:4着/月
洋服の交換回数:1回/月
返送手数料:無料

月にどのくらい洋服をレンタルするのか?でエアークローゼットとエディストクローゼットどちらを利用するべきかを考えてみるのがいいですね。

洋服の買い取りサービスの違い

ファッションレンタルを目的としているので、あまり気にならないかもしれませんがエアークローゼットとエディストクローゼットだと取り扱い洋服の買い取りサービスに違いがあります。

ココがポイント

エアクロ:買取りOK
エディクロ:買取NG(無料プレゼント)

いろんな洋服をレンタルしていたら、「この洋服気に入ったからほしい!」なんて気持ちがでてくる人って実は少なくないんです。

エアークローゼットでは、返却したくない洋服は買い取ることができます。
そのまま自分の物にしちゃえるんですよね。

しかし、エディストクローゼットでは買い取りが認められてませんのですっごく好みの洋服だとしても自分の物にすることができません。

なのですが、とエディストクローゼットでは年に2回無料プレゼント企画を実施しているのはポイント。

文字通りエディストクローゼットで取り扱いのある洋服を無料でもらえるのはエアークローゼットにはない大きなサービスの特徴ですね。

エアークローゼットとエディストクローゼットのサイズ感は?

エアークローゼット S~L
エディストクローゼット S~M フリーサイズあり

エアークローゼットとエディストクローゼットで取り扱いのあるサイズが異なります。

大きめのサイズを普段から着ているのであれば、Lサイズもレンタルできるエアークローゼットがいいかもしれません。

とはいえ、エディストクローゼットは体系カバーを目的としたデザインの洋服をうりとしてます。

二の腕をはじめウエストが気になる人でも、着やせして見えるファッションコーデを楽しめるのでサイズ感だけで選ぶのも一概にいいとは言えないところですね・・

メモ

エアークローゼット、エディストクローゼットに違いがないことは?

エアークローゼットとエディストクローゼットで共通していることは、返却の際にクリーニングや洗濯をする必要がない点です。

結局、エアークローゼットとエディストクローゼットどっちがおすすめ?

エアークローゼットとエディストクローゼットだと結局はどっちがおすすめなのか?

それぞれの特徴をふまえ各ファッションレンタルサービスに向いてる人の特徴をまとめてみました。

エアークローゼットに向いてる人の特徴

エアークローゼットでは取り扱いブランド数が300社を超えることもあり、あまたが普段から着ているブランドをレンタルできる可能性は高いです。

ブランド数が多いことに比例して、エディストクローゼットを比べても幅広いアイテムから選ぶことができるのは特徴でしょう。

ファッションのプロにコーデをお任せしたい!今まで挑戦したことがないコーデを着こなしたい!といった人にはエアークローゼットは向いています。

エディストクローゼットに向いている人の特徴

自分でレンタルする洋服を選らんでファッションレンタルサービスを楽しみたいとの考えがあるのであれば、エディストクローゼット向きです。

しかし、すべての取り扱いブランドが自社であるため好きなブランドの洋服でのコーデは期待できない点は了承しておく必要がありますね。

返却手数料が必要なく、長期契約することを考えるなら月額料金はお得になるのでエディストクローゼットを試してみるのがいいでしょう。

エアークローゼットからお試し挑戦してみるのがおすすめ

エアークローゼットとエディストクローゼットも登録者数も多く、満足度の高いファッションレンタルサービスです。

それぞれにメリット、デメリットこどはありますが『実際にサービスを使ってみないと分からない!』元も子もないですがこれに尽きます・・・

どっちがいいか検討もつかないという人はぜひ、エアークローゼットから挑戦してみましょう。

・・・なぜか?エアークローゼットなら1ヶ月実質無料でお試しできるからです(*^^)v

満足保証がありますので、もしイメージと違ってたら解約申請をして次はエディストクローゼットを試してみるのもいいかもしれませんね。

エアークローゼットVSエディストクローゼットの違いまとめ

エアークローゼットとエディストクローゼットは取り扱いブランドは異なるにせよ、コンサバ系ファッション好きであれば満足できるファッションレンタルサービスです。

プロのスタイリストにコーデを選んでもらえるエアークローゼットは、今までとは違うファッションが楽しめると好評。

しかし、思ってたような洋服が届かないとの口コミがあるのも事実・・・

自分で洋服を選べるエディストクローゼットであれば、その点は回避できるでしょう。

エアークローゼットとエディストクローゼットどちらも人気のファッションレンタルサービスであり人それぞれの好み、ライフスタイルで選ぶのがいいでしょう。

さらに詳しく

さらに詳しく

-サービス比較

Copyright© ファッションレンタルサービス比較|洋服レンタルのおすすめをシェア , 2019 All Rights Reserved.